ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

公演情報2月16日

今日は三件。


  1. レパートリーシアターKAZE

    作:サン=テグジュペリ

    訳:内藤濯

    構成・演出:浅野佳成

    音楽:八幡茂

    舞台美術:松井るみ



    出演: 東珠実/緒方一則/酒井宗親/工藤順子
    柴崎美納/栗山友彦

    1989年の初演以来、1000ステージを超える上演を続け、文化庁主催「本物の舞台芸術体験事業」をはじめ全国の若い観客を対象とした全国巡演公演を重ねているKAZEの代表作。熱い要望に応えて、久しぶりにレパートリー上演! サン=テグジュペリの限りない優しさと励ましのメッセージは、60 年を経てなお生き続け、私たちに送られている−。



    1名招待のお便りをいただきました。ありがとうございます。学生割引で3300円!けっこう高いっすね。
  2. 深川とっくり座

    3月公演決定!深川とっくり座公演22回目

    ふたたび丹青の「千早振る」

    2005年3月19日(土)〜21日(月)

    深川江戸資料館小劇場にて5ステージ公演!



    深川江戸資料館、いい雰囲気の所ですよね。あそこでやるんだ。

    招待券1枚いただきました。ありがとうございます。ホームページを開くと音楽が流れるの、どこで切ったらいいか分かるようにしておいて欲しいですね。職員室で大音量で流れると、かなり恥ずかしいです。

  3. 東京国際演劇祭

    『高校生のための観劇プログラム』

    どう観る?どうやる?外国の演劇作品

    〜海外から来日する演劇を楽しんでみよう〜

    筑駒の平田先生からご連絡をいただきました。ありがとうございます。

    日程的に送別会の詰めと重なっていてきついかな〜。

    すごーく魅力的なプログラムなんですけどね…。