ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

春夏秋冬占い

 はー、こういうのもあるのねえ。

季節判定だって。生年月日を入れればそれでいいみたい。


「あなたの生まれた季節は冬です。」
まあ、1月ですから、僕もそうじゃないかなあと思ってたんですよ。「三八豪雪」の日ですから。
「冬生まれの人は、自分を信じ、強い意志のもと、責任感の強い愛と勇気によって自己と他者との資源を引き出し、組織を創り、権威のあるエネルギーを持って支配する。その指導力とバイタリティにおいて、周囲を巻き込み、信頼し、力を結集させ、最高を探求し、人生の目的を完遂する統治者である。」
いやあ、冬に生まれただけで、こんな資質が備わってしまうんですか。僕ってスゴイかも。
「あんたの現在の季節は秋1年目です。
四季の中で秋が一番好きなんですよ。なんかうれしいっすね。
「秋一年目

自分を信じ、大きな流れを信じる

自分を信じ、流れを信じること。自分の意図しないところで起きる。食わず嫌いをしないことによって、枠は広がるのね。自己を宇宙とつなげるくらいのつもりで、小さいことを考えず、大きな流れを信じよう。」
うーん。よくわかりません。「自分の意図しないところで起きる。」って…。

「…?」

「目が覚めた?」

「…ここは?…君は…、っつう!(ひどい二日酔い)」

「うふふ、昨夜はすごかったわ」

ってことですか。

「お客さん、終点ですよ」

「…?」

「目が覚めた?」

「…ここは?…君は…、っつう!」

「こうふ、昨夜は寝過ごしたわ(中央線かい!)」

ってことですか。

うーむ、一体どこで起きるのだろう。すくなくとも、食わず嫌いはしないで、何でも食べて、あんまり酔いすぎないようにしなさいということでしょう。しかしなあ、それでなくても「小さいことにこだわらない」性格なのに、「小さいことを考えるな」ということは、ものすごく大雑把でいいということかなあ。

「イクトス先生、おはようございます。」

「やあ、こんにちは。」

「…?今、朝ですよ。」

「いや、朝とか、昼とか、夜とか、そんな小さいことは考えないようにしてるんですよ。」

「さあ、授業をはじめるぞー」

「先生、隣のクラスじゃないですか?」
「いや、1組とか2組とか3組とか、そんな小さいことは考えないようにしてるんですよ。」

「先生、テストの範囲が全然違うじゃないですか!」

「いや、授業でやったとかやらないとか、そんな小さいことは考えないようにしてるんですよ。」

うーむ、たのしそうだ。