ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

息子よ…

 22日の夕飯のことだった。

 座卓を囲み、みんなで肉じゃがをつついていた。

 僕「あ、そうだ。来週ね、修学旅行の引率で、父さん、九州に出かけてて、いないからね。」

 ひとしきりお土産の話などに花が咲く。平和記念公園平和祈念像の話になる。

 長男「平和祈念像ってさ、こんなポーズしているよね。」

 自信たっぷりだが、息子よ、それは雲竜型の土俵入りで、せり上がった時のポーズだ。

 連れ合い「足はどうしてるの?」

 長男「(しばしためらい)伸脚?」

 長男よ、伸脚というより、それは人魚姫が岩に座ったポーズだ。

 雲竜型の人魚姫ポーズを見たら、思わず吹き出しそうになり、ご飯が鼻に逆流してきた。

 あー、おもしろ苦しかった。