ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

勉強系

 なんだそうです。アエラに特集されていた女子校の分類。うちは勉強系のリストに紹介されてました。他にはお嬢様系とか、元気系というのがあります。

 まあ「勉強系」クラブ筆頭のディベート部を10年率いてきた身としては喜ばしいですね。

 あとはその名に恥じないように、進学実績上げないとね。52回生の時はMARCHに100人近く送り込んだけれど、その後、もう一つだし。

 国語科としては中学1年から進学を意識したカリキュラム作りをしていきますけどね。

 7月の終わりに、全国私立中学高等学校 国語科研修会で評論文の読解指導について実践発表を行うことになりました。

 この12年、自分のライフワークとして取り組んできたことですから、今までの集大成、っていうと大げさだけれど、読み研方式やディベートを通して実践してきたことをまとめてみようと考えてます。

 できればネットワークの春の大会に、レポートを出して、叩いていただいておきたいのですが、時間との戦いだなあ。