ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

マインドコントロール

 家で鼻をかんで、鼻をかんで、鼻をかんで、鼻がひりひりしていたら、連れ合いが「それ、花粉症じゃないと思うよ。」







ガーン!!!







…そうだったのか。…僕は、花粉症でもないのに、花粉症のつもりでいたのか…。





それがもうかれこれ一週間程前。




昨日、今日と、ものすごい花粉だった。



ああ、くしゃみが出る。

くしゃみが出る。

続けて出る。

続けざまに出る。



「いやー、誰かに激しく噂されているなー」



同僚「花粉症以外の何ものでもないでしょ」


でも、うちの連れ合いの言葉はゼッタイです。



何と言っても、連れ合いはこの道何年、という花粉症のプロ。

その辛さは、骨髄に徹しております。

私のこの程度のくしゃみ、どうってことはありませんや。


あ、鼻が…。


鼻をかんで

鼻をかんで

鼻をかんで

鼻をかんで



…鼻血が出てきた。




「いやー、鼻の粘膜が弱いんでしょう。」



同僚「素直に花粉症って認めなさいな!」



いやいや、この程度では、まだまだ、花粉症開眼、とは言えますまい。



目がかゆくない。



試しに、目頭をプチッと押して…。


かゆひ。

かゆひ。



同僚「目が腫れているよ」



「いやー、ちょっと夢中になってこすりすぎました。」


ということで、連れ合いの言葉には、さからえません。