ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

ディベート甲子園存亡の危機

昨日で関東甲信越大会の高校の部の参加を締め切ったのだけれど、目標としている数字に届かなかった。昨年と同じ数。

まずい。非常にまずい。

全国でも一番大きなエリアをカバーしている関東甲信越地区が、第10回の記念の大会だというのに、現状維持程度では顔向けができない。

しかも、多くの方にご尽力をいただき、要項の郵送や、読売新聞紙上での発表などをしてもらったにも関わらず、だ。

ということで、何とか追加で参加をしてくれそうな学校に、手分けをして連絡をする。

僕は2校ほどファックスで要項を送り、参加を考えていただけないかとお願いをする。

夕方になって、〆切りを間違えたという問い合わせが来る。ウェルカムですよ。ウェルカム。

明日もちょっと心当たりに連絡する。

こういうとき、うちの隣が頼りになるといいんだけれどね。小学校、女子聖中高、大学とディベートをやっているのだが、となりがもう一つなんだよね。第一回の関東大会には出てくれたのだけれど。

なんとか押してみる。

今からでも、出ようという学校があったら、ぜひ手を上げて下さい。

OBOGの皆さん、自分の母校がまだだったら、ぜひ声をかけて下さい。

このままじゃ、来年以降、やばいです。