ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

部活の行い方

高校生がちょっとお休みモードなので、昨日、今日と中学生に部活の届けを書かせてみた。

昨日は、昼休みに「今日部活あるんですか?」と聞きにきたので、「ありますよ」と答えたのだが、その後顔を出したのが放課後3時30分を過ぎた時間。実は届けは3時30分までに提出という約束があるので、週番の先生の所に一緒に行って、「初めてですので」と頭を下げてきた。

今日はそういうことがないように、メモを渡したつもりが、中2の机じゃなくて中3の机においてしまったので届かなかった。でも、昨日のことできちんと学習していて、今日は時間までに提出できました。

と思ったら、中学の週番の先生が研究日だったのに、そっちにおいてしまったので、届けを下ろす時に「出てないわよ」と指摘されて、あわてて取ってきた。

何ごとも、やってみることが大事ですね。

ディベートも同じです。

やってみて、見えてくることってけっこうあるよね。