ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

限界だ!

教会から帰って来た午後。

玄関を開けると、ハムスターのラッセのケージが目に飛び込んで来た。

クーラーを入れていない家の中で、比較的涼しい玄関。そこにラッセのケージを置いて、教会へ出かけたのだ。

しかし、締め切った家の中は、けっこうな温度になっていた。

暑い。

ラッセのケージは、以前、砂ネズミのカリックを飼っていたものだった。

寒い冬の朝、カリックが凍死しているのを発見したのは、僕だった。

ラッセは、お気に入りのグルグル回るやつの脇に、腹を上にして横たわっていた。

ブルーサファイヤの毛並みに比べ、腹の毛は白かった。

ああ、また第一発見者になってしまった。

そっと、ケージを叩いてみた。

「ラッセ…」

ピクリとも動かない。















あれ?

ピクリと動いたぞ。

団扇を持って来てあおいでみる。

くるりと寝返りを打つと、ひくひくと空気の匂いをかぎながら、近づいて来た。

その毛皮じゃあ、暑いよなあ。

見ているだけで暑い。

もう、限界だ。

床屋へ出かけた。僕も、いい加減、髪を伸ばしっぱなしにしていたのだ。

刈り上げてもらって、さっぱりした。

帰って来たら、子ども達も連れ合いが髪の毛を刈って、さっぱりした頭になった。

これで、やっと夏モードだな。

夕食後、スイカを食す。スイカの匂いって、夏の匂いだね。