ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

国語科研修会

現代文解法の新技術

という参考書があるんだけれど、この本、読み研の指導法と親和性があるので重宝している。

読み研で言う所の論説文、大学受験では評論文の読解方法は、「しぼり込み読み」をしていく必要があるのだけれど、読み研の「柱」の概念と、この本の著者の柴田さんの対立図を作って読んでいく方法とがけっこうマッチしている訳ね。

ということで、現代文演習では、全面的にこの本に依拠しながら作業をさせている。

今度の発表でも、このあたりの事情をうまく伝えることができるといいのだけれど。