ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

史上最強の姓名判断

というのが、とある所から流れてきたので、やってみる。

史上最強の姓名判断

人なつこく笑顔が絶えず頼まれるとイヤと言えず誠心誠意を相手に尽くすお人好しです。行動力に富み頭の回転が速くロマンチストです。秘密主義者で警戒心が強いのですがお人好しのため裏切られやすいのです。丸顔で笑顔がさわやかで世話好きですが本心は寂しがり屋なのです。おしゃべり生かせる仕事や職場で成功します。武家大商人教育者など財力名誉の両方に恵まれた者が多く繁栄力があり芸事に優れた家系です。家庭内に病人や金銭のトラブル発生しやく孤独で淋しい無口な家庭で離婚も多いでしょう。

<カメレオン数>おとなしくてまじめでコツコツ努力して強い信念のもとに一歩一歩と自己の実積を築き上げて大成するタイプと、孤独、哀愁、一家離散、病弱短命、波乱万丈型とがありますが、概して家族の縁が薄い人が多く、苦難の道をたどる凶運です。女性はまじめで努力家、頭も良いのですが男性は気迷い病難、積極性に欠け人はよいが好機に乗れないでしょう。健康面では、胃腸病、性病、婦人病などに注意することです。開運法は、忍耐力、粘り強さを発揮すること。

「お人好し」「お人好し」と繰り返されるとね…。まあ、そうですけれど。

「丸顔で笑顔がさわやかで世話好きですが本心は寂しがり屋なのです。」

の「が」の意味がわからん。この文を分解すると、

1 丸顔ですが本心は寂しがりやなのです。

2 笑顔がさわやかですが本心は寂しがり屋なのです。

3 世話好きですが本心は寂しがり屋なのです。

「本心は寂しがり屋」ということに関連するのは3の「世話好き」くらいのものだろう。寂しがり屋だから、誰かといつも関わっていたい。だからついつい人の世話を焼いてしまう。これはわかる。

1を当てはめてみる。

寂しがり屋だから誰かといつも関わっていたい。だからついつい丸顔になってしまう。

ムリだ。

2を当てはめてみる。

寂しがり屋だから誰かといつも関わっていたい。だからついつい笑顔がさわやかになってしまう。

なんじゃそりゃ。

じつは僕はもう一つ姓を持っている、というか、本来つがなくてはいけない姓があるのだが、それで判断をしてみる。

アゴがとがり逆三角形の顔で目付きがきついく視力が弱い。人見知りをしますが一度気を許すとトコトン付き合うでしょう。行動力に富み頭の回転が速くロマンチストです。秘密主義者で警戒心が強いのですがお人好しのため裏切られやすいのです。行動力や予知力、瞬間的判断力が抜群で徹底した努力家で無から有を生じますが気位高い野心家で人を見る目が冷酷でもあります。独創性、奉仕性の高い仕事や職場で成功、広範囲な交際すれば大成功します。一代で財をなし没落してゆく浮沈の激しい運命の家系です。生活態度を変えず単調で口が悪く遊びが下手です。浮気して責任をとるのです。質実剛健で竹を割ったような性格の持ち主ですが、権力をほしいまま行動すると人から嫌われて大凶となります。しかし剛を抑えて人と和を持ってすすめば吉となります。またムダを嫌い質実剛健なのに愚痴多く金銭問題で親戚と交際上のトラブルを起こす人が多いのでご注意下さい。健康面では、気管支系の病気、心臓病などに用心してください。開運法は、金銭交渉、商談には必ず弁護士を立てていけば無難で、落語鑑賞が吉運を呼びます。

今日の健康診断で視力が右0.9、左0.5と診断されてかなりショックだったけれどね。1.0を切ったのは初めてなもので。見えない訳じゃなくて、乱視だから視力が出なかっただけなんだけれどね。

どうしても「お人好し」から逃れられないらしい。しかし、人を見る目が冷酷なお人好しって、すんごい訳わからんぞ。

しかしさあ、「一代で財をなし没落してゆく浮沈の激しい運命の家系です」ってね、うちの家系、文化文政の昔から、職人の家系なんですがね。「飾り職人の竹二郎」とか、いかにも慎ましく行きてきましたってご先祖ばかりなんですが。

さーて、ついでにハンドルも入れてみるか。「イク」「トス」に分けてみる。

首細く長く肩も小さく細面で色白です。信じた人とはトコトンつきあいますが裏切られると憎悪が強くなります。負けず嫌いで気苦労性、芸事得意で独立独歩型です。 ライバルの沢山いる大都会や大会社で実力を発揮できます。 金銭管理が上手く生活の計画性がありにぎやかな家庭をつくるでしょう。まじめで努力家でファイトがあり、周囲の人のため苦労するでしょう。開運法は、異性交際と金使い、酒量にけじめをつけることです。また空腹、飢餓状態を避けることです。

「まじめで努力家でファイトがあり、周囲の人のため苦労するでしょう。」っていうのは、良いことなのか、悪いことなのか?

普通、「真面目で努力家でファイトがあり」と言ったら、「自分の目標を達成して幸福な生涯を送るでしょう。」とかプラスの言葉が続くものなのではないのかな。

ついでに、ペンネームも入れてみよう。

能弁、誠実、信用絶大ですが敵、味方に人を区別し易く閥をつくりたがります。親をしのぐ実力者となり家名をあげます。女性は男勝りで信用は抜群、男性はハッタリ強いが統率力があります。行動力や予知力、瞬間的判断力が抜群で徹底した努力家で無から有を生じますが気位高い野心家で人を見る目が冷酷でもあります。自分より能力の劣る人と組んで仕事をし、優越感を持てば成功します。一代で財をなし没落してゆく浮沈の激しい運命の家系です。金銭のやりくりが上手く忠誠心強調性や環境への順応性に恵まれていますが扶養の義務で金銭面の苦労があります。面倒見がよく心の裏表もなしく信用は絶大です。旅行好き金運もあります。故郷を離れて年長者や成功者に可愛がられ成功立身出世する人が多いようです。見栄をはらずおとなしくして実力があるのに控えめで思慮深く、意志が強固で忠実であるため、大会社に入るか大商社に入って辛抱すれば、必ず地位、名誉を得てたいせいするでしょう。健康面では、足や手気管支系の病気になりやすいので注意して下さい。開運法は、積極的にいろんな人と仲良くなり国際人として行動することです。

「自分より能力の劣る人と組んで仕事をし、優越感を持てば成功します。」ってさー、これ、全然うれしくないんですけれど。

ものすごく人を見下した人になれっていう感じですな。成功しても、人間的に嫌な人になりそうだ。

「積極的に人と仲良くなり」と「国際人として行動する」の間には、随分と飛躍があるような気もするのだが。

国際人として行動してても、心の中では常に相手を見下して優越感を持っているような人になれって言うのかね。うーむ。いやだな。