ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

【第9回関東甲信越地区中学・高校秋季ディベート大会 開催要項】


1. 主催: 全国教室ディベート連盟関東甲信越支部

2. 後援:読売新聞東京本社、各ディベート関係団体、各都県教育委員会など

に申請予定

3. 協力:成蹊大学

4. 開催期日:2005年10月30日(日)

08:30 受付

08:45 ジャッジミーティング

09:00 開会式

09:30〜10:40 予選第1試合

11:00〜12:10 予選第2試合

12:10〜12:50 昼食

12:50〜14:00 予選第3試合

14:10 決勝戦進出チーム発表

14:20〜15:30 決勝戦

16:00〜16:30 表彰・閉会式



5. 会場:成蹊大学(東京都武蔵野市)8号館

JR中央線・総武線(営団地下鉄東西線)・京王井の頭線 吉祥寺駅下車

http://www.seikei.ac.jp/gakuen/access.html



6. 論題:

高校の部: 日本は郵政三事業を民営化すべきである。是か非か。

中学校の部: 日本は完全学校週5日制を廃止すべきである。是か非か。

(北海道・東北地区【共通論題】)



7. 出場枠:中学の部・高校の部 あわせて40チームまで

(先着順を原則とし、申し込みチームが各部門で20チームを超えた場合は、

複数チーム出場校から調整させて頂く場合があります。)



8. 大会ルール:全国中学・高校ディベート選手権(ディベート甲子園)ルール

及び関東甲信越大会特設規定に準拠



※関東甲信越大会特設規定:

 チーム人数・ステージ担当の規定が、ディベート甲子園(地区大会を含む)と

は異なっています。詳しくは「11.チームと引率教師」をご参照ください。



9. 対戦方法と順位の決定:

予選リーグ戦(3試合を予定)を行い、決勝戦進出チームを決定。優勝〜第3位

および最優秀ディベーター賞、全日本ディベート連盟(CoDA)賞を決定する。



10. 表彰:

中学・高校の部門別に

優勝・準優勝各1チーム、3位各2チーム、CoDA賞1チーム、最優秀ディベーター

各1名



11. チームと引率教師:

・1チーム4名での参加を原則とする(申し込み時は、全国大会同様に1チーム6人まで登録可能)。但し、同一校内で4人チームが編成できないなどやむを得ない場合は、1チーム2名又は3名での参加、複数校の生徒からなる混成チームによる参加を認める場合がある。なお、2名及び3名での参加の場合には、第一反駁・第二反駁を同一者が担当しないようにすること。

・各チームに引率者が1名つくこととする(複数チーム出場の場合、学校に1名でも可。引率教員数を、申込書の所定欄に記入すること)。

・引率者は、教員でなくとも良い。但し、学校長の認めた者とする。

・引率者は、自校の試合の司会(肯定側)、タイムキーパー(否定側)、場合によっては、他試合の審判を行うこととする。



12. 登録料:

全国教室ディベート連盟会員(引率者・出場団体・出場メンバーのいずれかに会員(運営会員または維持会員)が含まれる場合)・支部主催の公式大会初参加校: 3,000円

非会員(初参加校を除く): 5,000円

(いずれも1チームにつき、大会当日に支払い)



13.申し込み:参加申込書に記入の上、下記関東甲信越支部事務局まで申し込む

(申込書

。締め切りは、10月5日(水)(必着)。





※大会運営の都合上、複数チーム参加校には、3チームをめどに、チーム数の調整をお願いする場合がございます。あらかじめご了承ください。

※例年どおり、対戦組み合わせ抽選会を行います。10/10(月・祝)に開催を企画中の練習試合と同時開催を予定しております。練習試合/組み合わせ抽選会ともに、詳細が決まり次第、支部メールニュース・支部ウェブサイトでお知らせします。

※出場が決定したチームには、大会1週間前までに出場決定通知を発送します。



<申し込み・問い合わせ先>

全国教室ディベート連盟関東甲信越支部

〒114-8574 東京都北区中里3-12-2

女子聖学院高校 筑田周一気付

Tel: 03-3917-2277(学校事務室) Fax: 020-4624-1650

E-mail: kanto@nade.jp