ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

きょうの課題

受付を担当してくれていた、桐ヶ丘とシアパレのみんなから、「50人を超えてましたよ」といううれしい報告を受けた。

卒業生も、55回生以下57回生までが来てくれた。本当にありがとうございます。

ぶっつけ本番といった所が多々あった今回の公演。今日撮ったビデオを、みんなで何回も見直して、地区大会へ向けて、これから何をすればいいかをよく話し合って下さい。

…ちゃんと撮れていればだけれどね。