ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

語彙の「彙」はハリネズミの意。

北原保雄氏の言葉より。「日本語教育新聞」2005年9月1日発行。

語彙の「彙」は「はりねずみ」の意味です。はりねずみの針(毛)は組織的、有機的、体系的に生えているんです。我々の身体の手や足だってそうです。胴があり、付くべきところに付いている。語彙とは語の単なる集まりではなく「語のまとまり」なんです。我々の頭の中に、語彙は代名詞は代名詞の仲間で動詞は動詞のグループで整理されて入っていると考えられます。そのグループの引き出しの中に単語がたくさんあるのが語彙量が豊かだということです。

これはまさにマインドマップではないか!