読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

精読主義の克服

メモ

文学教材の精読主義を克服する、ということが90年代前半によく言われた。

克服はできたのだろうか。克服したとして、現在の文学教材の指導はどのようになっているのだろうか。

「克服」後に教師になった人々は「精読」はできるのだろうか。

1月21日追記。
「よく言われた」じゃないでしょ。自分で言っとるがな。

「授業づくりネットワーク」1995年10月号
特集「学習者の時代」の教育実践

「思考停止状態からの脱却をめざして◆ディベートに学ぶ◆」

って論文を書いとるがな。

思考停止状態からの脱却と精読主義の克服。私がディベートに学び、「学習者の時代」の実践として取り組みたいのはこの二点である。