ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

日本代表新スローガン「ただし川縁は除くw」

「てめえとはいっしょにやりたかねえよ」と思っている人、多数かと。

日本代表新スローガンは「ALL FOR 2010!」

 日本サッカー協会は21日、都内JFAハウスで記者会見を行い、日本代表の新スローガンを発表した。

 この日発表された新スローガンは「ALL FOR 2010!」。この新スローガンは、日本代表チームと応援するファン・サポーター、メディア、スポンサーが、2010年に行われるワールドカップ(W杯)南アフリカ大会に向け、一丸となって進んでいくことを意味している。

 会見に臨んだ日本サッカー協会田嶋幸三専務理事は次のように抱負を語った。
「このスローガンがわれわれの次なる目標になる言葉。これまでも日本代表は多くの選手、レフェリー、コーチ、ファン・サポーター、メディアに支えられて発展してきた。これらすべての総力が合わさってW杯で活躍できると思う。
 以前に『2005年宣言』を出し、2015年にはトップ10に、2050年にはワールドカップをもう一度日本で開いて、サッカーファミリー1000万人という大きな目標、大きな夢を掲げた。その大きな夢に向かって、その都度目標を掲げて進んでいきたい。来年はU−17W杯、U−20W杯、女子W杯、アジアカップ、男女五輪予選と、それぞれのカテゴリーが目標を持って戦う。最終的には、2010年のW杯に出るのが中期的な目標。それぞれのカテゴリーが、目標に向かって突き進み、それが集約される形で『ALL FOR 2010!』が成就できる。この言葉を忘れずに各カテゴリーを強化していきたい」

[ スポーツナビ 2006年12月21日 18:11 ]