ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

次はレッズだ!

待ってろよレッズ。
柳も男気を見せたし、元日に優勝杯を掲げるのはアントラーズです。

鹿島が執念で2点差を逆転/天皇杯

<天皇杯:鹿島3??2清水>◇23日◇準々決勝◇熊本県民総合運動公園陸上競技場

 清水が前半から主導権を握った。同10分にMF藤本の右CKからニアへ飛び込みフリーとなったFW矢島がヘッドで決めて先制した。鹿島も同40分にFWダ・シルバが強烈なミドルシュートを放ったが、惜しくもポストに弾かれてリードを奪われたまま前半を終えた。

 後半は清水が同5分に再び矢島が決めてリードを広げたが、鹿島が執念を見せた。その4分後にFW田代のヘッド弾で反撃を開始。同34分にMF本山が同点ゴールを決めると、同43分に右サイドを切り崩すと途中出場のFW柳沢が劇的な決勝点を決めた。鹿島が10冠へ4強に進出した。