読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

結局安倍首相は人を見る目がないということに落ち着くのかな。

「同時代を撃つ」はけっこうよく読んでいた。立花さんの分析にはなるほどと感心させられる。さすが「田中角栄の研究」で田中金権政治と戦った人だと思う。
内閣官房副長官といえば、都知事選に出馬して青島さんに負けちゃった石原さんっていたよね。今どうしているんだろう。

世論調査に見る安倍内閣の支持率が、目に見えて落ちはじめた。暴落というほどではないが、ジワリジワリと落ち続けている。

なぜ落ちるのか。理由はいろいろあろうが、一言でいえば、安倍首相が総理大臣の器ではないことがだんだん見えてきてしまったということではないだろうか。

別のいい方をするなら、安倍は総理大臣になるのが早すぎたのだと思う。

よく知られているように、安倍はまだ52歳である。戦後最も若い総理大臣である。だが、最も若くして総理大臣になっておかしくないだけのブリリアントな能力を片鱗でも見せたかというと、見せていない。

若さゆえの欠陥が目につくばかりである。戦後最も若いということは、「戦後最も未経験の」というのと同義語である。若さのメリットより、若さのデメリットばかりあらわれているということだろう。

若さの欠陥がどこにあらわれているのかといえば、リーダーシップ能力の欠如だろう。