読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

どうせなら、木簡とか、陰影本なんかも。

社会

スラッシュドットジャパン経由です。
絶版になった出版物というと、演劇関係ではけっこうあると思います。一応中世文芸が専門!の身としては、謡曲に関する研究書なんて、そもそも発行部数自体が少ないので、そういったものも収集してネットで閲覧できるようにしていただければ、これはありがたいですね。
どうせなら全文検索できるようにデジタル化してくれるとか。

絶版書籍、ネット閲覧可能に・政府が著作権法改正へ

 政府は絶版になった出版物をインターネットで閲覧できるようにするため著作権法を改正する方針を固めた。国立国会図書館などの公的機関が専門書を非営利目的で公開する事例などを想定している。著作権者に一定の補償金を支払えば許諾がなくても文書をネットに保存・公開できる仕組みを検討する。入手困難な出版物を利用しやすくし、研究活動の促進などにつなげる狙いだ。

 政府の知的財産戦略本部(本部長・安倍晋三首相)が今夏に策定する「知的財産推進計画2007」にこうした方針を盛り込む。知財本部は2008年の通常国会での著作権法改正案の提出をめざし、文部科学省などとの調整に入る。 (16:00)