ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

阿部9日にも浦和移籍決定

という日刊スポーツの見出しですが、記事自体からは明日とも、浦和とも読み取れないのですが。
担当の記者の方は、記事にできない「ネタ」を握っているということなんでしょうかね。

「近々決断」阿部9日にも浦和移籍決定

 千葉MF阿部勇樹(25)が、早ければ9日にも浦和移籍を表明する。7日、都内で開かれた千葉MF坂本の結婚式に出席し、親友として乾杯の音頭を取った。披露宴後、チーム広報を通じて「遅くなるといろいろチームに迷惑を掛けるので、近々決断します」とコメントした。

 6日には、大阪へ出向き、来日している浦和のオジェック新監督と交渉した。ポジションを奪い取って欲しいという期待を掛けられ、阿部もチームの強化方針について質問した。浦和との会談は、12月29日に続いて2度目。名古屋、東京とは同29日、千葉とは同30日など3度の話し合いを行ってきた。代理人を通じて条件提示を受けており、今後はどのクラブとも会談する予定はない。

 残留要請を続けてきた千葉側は、阿部の返答を待っている状態。結論を先延ばしにすることは、各クラブのチーム編成に影響するため、決断は近い。

[2007年1月8日7時34分 紙面から]


*「サッカー」優勝旗は岩手県へ。
ダークホース同士の決勝戦という感じでしたが、3万6千人が詰めかけたというのは、このイベントの人気の高さですな。
中学受験の次男に過去問を解かせ、解説をしていたために、見たのは後半35分過ぎから。
盛岡商業の2点目はしっかり見ました。
ドリブルでねばってマイナスのセンタリングを送り込んだ所に、二人駆け込んでいましたね。

作陽もフリーキックのチャンスが2度ほどあったので、入りそうな感じもしてたんですが、盛岡の粘りに力つきた感じですね。

いずれにしても、国立で二試合戦ったということは高校生に取って何よりの財産になって行くんでしょうね。

両校ともナイスファイトでした。盛岡商業の皆さん、優勝おめでとう!

盛岡商が作陽を逆転で破り初優勝 全国高校サッカー決勝
2007年01月08日15時59分

 第85回全国高校サッカー選手権の決勝が8日、東京・国立競技場であり、盛岡商(岩手)が作陽(岡山)を2??1(前半0??0)で逆転、そのまま逃げ切って初優勝した。

 先制したのは作陽。0??0で折り返した後半11分、村井のシュートがクロスバーに当たり跳ね返った球を、走り込んできた桑元が頭で押し込んだ。

 盛岡商は後半26分、林が相手DFをかわしながら左足で同点のシュート。数分前にPKをはずした汚名をすぐに返上した。さらに同40分には、ドリブル突破した成田がゴール前にパス、千葉が逆転のシュートをゴール右に決めた。