読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

もう人材もお金も浪費しないでね。

サッカー

「任せる」と言えば聞こえはいいけれど、結果の責任を組織としてどこでどう取るのかを明確にしておかないと、加藤さんも投げ出されて終わり、になってしまいかねませんね。

京都へ幹部入団の加藤久氏チーム改革決意

 幹部としてJ2京都に入団した加藤久氏(50)が7日、チーム改革への決意を口にした。東京・西が丘サッカー場で大学選手権を視察。母校早大と京都が提携する立命大との準々決勝の試合後に「2日間京都に滞在し(京都名誉会長の)稲盛さんにクラブの現状を聞いた。下部組織の整備など、やることは多いけれど、やりがいはある」と話した。

 また、名誉会長との話し合いの席では「経営についても、勉強して欲しいと言われた」。3月末の株主総会で承認されれば取締役に就任する予定で、将来的には社長就任の可能性がある。