読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

底辺校には有効かもしれないが。

アメリカのようにペーパーナイフを持っていただけで退学処分、といったことになると問題だが。
すべての学校に一律に導入するとなると、日本の風土から言って罰則がエスカレートして行くのではなかろうか。
実質入学から高3の12月くらいまでが勝負の高校では、即効性のある指導というものが求められるのかもしれない。
どんな生徒があ詰まるかということとも関連するので、ケースバイケースで判断するしかないのではないか、というのが今の所の感想。

規律厳守の生徒指導、違反たまると退学も 高校で試み
2007年01月14日14時40分

 規律を厳しく守らせる「ゼロトレランス」(寛容度ゼロ指導)という米国の生徒指導法が全国の高校に広がり始めている。違反が一定回数に達すると出席停止などの罰を定め、必ず守らせる「ぶれない指導」が特徴だ。厳しい指導が日本の教育風土にどこまでなじむのか。現場を訪ねた。