ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

「キャプテン」と書いて「下働き」と読む。

そのくらいの謙虚さが必要ではないでしょうかね。
頭下げなさいな。

日本代表の3・24相手探しが難航

 日本協会がプライドを捨て、日本代表今季初戦の相手探しを行う。3月24日に日産スタジアムで予定されていた韓国との親善試合が相手側の事情により中止になってからほぼ1週間。川淵キャプテンは代替相手について「かなり難航している」との現状を明かした。中止が決まった直後に欧州、アフリカをターゲットに交渉を開始したが、オシム監督が要望する強豪で対戦相手が固まっていないのはスイスだけ。そのスイスも韓国戦が内定していた昨年、オファーを断った経緯がある。

 「今の時点ではスイスと(できる可能性)は五分五分」(同キャプテン)。対戦候補を南米まで広げ、マッチメークを担当する加藤代表チーム部長には、電話ではなく現地での直接交渉も指示した。欧州組の招集が確実視される今季初戦。川淵キャプテンは「将来の展望が開けるような強豪相手じゃないと意味がない」。タイムリミットは迫っている。

[2007年1月17日8時1分 紙面から]