読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

演劇ワークショップ1日目

20141010 授業実践 演劇ワークショップ

<a href="http://ikutosu.sakura.ne.jp/wp/wp-content/uploads/2014/10/IMG_5862.jpg"><img src="http://ikutosu.sakura.ne.jp/wp/wp-content/uploads/2014/10/IMG_5862.jpg" alt="IMG_5862.JPG" class="alignnone size-full" /></a>

高校演劇サミットでお世話になった林成彦さん、田中圭介さんたちが中学生に授業をして下さる。

こんな夢のような話が実現しました。

中学2年生4クラスを対象に、各クラス3時間ずつ。

グループで作戦を立て、課題をクリアします。1時間目がアイスブレーク、グループ決め、課題の説明、作戦会議、リハーサル。

2時間目はグループごとの課題の解決策の実行、ふり返り。

3時間目は課題への再挑戦という流れです。

今日実施したのは2時間目に2組、3、4時間目に3組で、3組は一気に課題への挑戦まで進みました。

演劇ワークショップですから、各グループ90秒の時間制限の中でちょっとした演技をします。

プロの役者に、自分たちの狙い通りの行動を取らせるように仕向けたいのですが、相手はノラリクラリと理由をつけて思い通りには動いてくれません。

3組では9つのグループのうち、成功したのはわずか1グループでした。

振り返りで田中圭介さんがコメントしていましたが、ほとんどのグループが「北風と太陽」のお話で、無理矢理旅人の上着を脱がそうとした北風の手法をとってしまいました。

しかし、失敗しても、その後のスタッフ6名の皆さんのフォローが素晴らしかった。着想のよかった所をほめたり、心から面白がってくれたりした後、あと一歩、こんな工夫をしたらと、特に関係づくりに焦点を当ててアドバイスをして下さいました。

先徒たちも「あ、妹か!」とか、それぞれのアドバイスに色々気づかされたようでした。

それにしても、即興ですべてのグループのアプローチに的確に対応していたこーちゃんは、さすがプロ、とうなりました。

演じる生徒たちが、それぞれに緊張し、それでも踏ん張って演じていたことをほめてくれました。

ワークショップ終了後に昼食も摂らずに1時間ほどスタッフが振り返りをしている所にお邪魔しました。

これが抜群に面白かった。

それぞれのクラスの雰囲気を踏まえて、ダメ出しをしていった訳ですが、初めて会った生徒と45分~ 90分触れ合っただけなのに本当に的確に生徒たちを把握してます。

私的なグループから、ランダムに作られたグループになった時の変化など、「なるほど!」と蒙を開かれた思いがしました。

「安心して失敗できる場」としてこのワークショップは設定されているのですが、その中でハードルをクリアするために何が必要で何が省いてもいいのか、率直に考えを述べ合う様子が清々しかった。

日本全国でワークショップを展開されていて、ノウハウも蓄積されているのに、それに漫心することなく、目の前の生徒に対してベストを尽くそうとして下さっている心が感じられて、本当に感激しました。

次回は来週水曜日。

生徒たちがクラスの中でそれほど親しくしているわけではない者同士でグループを作り、どうコミュニケーションをとって課題をクリアし、その中でどんな気づきを得ていくか。

本当に楽しみです。