ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

言わないことじゃない

だからさー、血液型なんかで人生決まらないって。

<血液型番組>「性格決めつけ」視聴者から抗議相次ぐ


 血液型による性格判断を扱うテレビ番組が、今春から増えている。特定の血液型を「いい加減な性格の持ち主」「二重人格」などと決めつける内容が目立ち、NHKと民放が設立した第三者機関「放送倫理・番組向上機構(BPO)」には、視聴者から「子供が血液型でいじめを受けた」「一方的な決め付けで不快」などの抗議が4月以降、50件以上寄せられた。このためBPOの青少年委員会は番組内容などを検討し、「科学的根拠があるかのような体裁で問題がある」などと判断、近く民放各社に対し、番組制作にあたり慎重な対応を、と要望する。

 「決定!これが日本のベスト100」(テレビ朝日系)、「発掘!あるある大事典2」(フジテレビ系)などのバラエティが、血液型による性格判断を扱う特集を組み、確認できただけで10月に少なくとも6回あった。内容は▽嫌いな血液型、相性が悪い血液型などをランク付けする▽タレントらが「B型はいい加減」「AB型は二重人格」などと言い合う▽保育園児を血液型別に行動観察する――などだ。

 立命館大の佐藤達哉助教授(社会心理学)によると、血液型性格判断は80年代にブームになった。学者らが「統計上の違いはわずか。科学的には何も実証されていない」などと批判し、沈静化したが、再び雑誌などが取り上げ「大衆の常識のように定着してしまった」という。

 血液型番組の差別・偏見を告発するサイトを9月に開設した岡山大の長谷川芳典教授(心理学)は「ほとんどの番組は、いい加減なデータでレッテル張りをしている。血液型という生まれつきのもので他人を判断することは不当だ」と批判している。【保泉淳子】
(毎日新聞) - 11月27日15時3分更新

この記事の中で個人的に許せないと思うのは、保育園の所行だな。

そもそも教育というのは、


第一条(教育の目的)

教育は、人格の完成をめざし、平和的な国家及び社会の形成者として、真理と正義を愛し、個人の価値をたつとび、勤労と責任を重んじ、自主的精神に満ちた心身ともに健康な国民の育成を期して行わなければならない。

教育基本法

保育園は文部科学省の管轄じゃないし、教育をする必要もないのかもしれんが、人間は一生かけて人格を完成させていくものでしょう。

乳幼児の段階で、どんな行動をとるのかなんて血液型なんかでわかると思うのは怠慢だし、そんなもので人生決まってしまうなら、そもそも教育というものの意味がなくなってしまう。

たかがバラエティ番組と言えばそれまでだけれど、教育に携わるものは、もっとこうした教育の根本を否定するような「大衆の常識」に対して敏感であるべきだと思う。

こんなものに闊歩されちまっちゃあ、それこそ、教育の効果が薄れてしまう。たかがテレビ番組以下の影響力しかない学校ってなんなのか、存在自体が問われることになっちゃうけどさ。

ところで、記事の中で紹介されている長谷川芳典氏のサイトに行ってみたけれど、かなりの反響でメールサーバがダウンしたみたい。

この方のスタンスは、


「各種テレビ番組をご覧になって、差別や偏見に相当すると思われる内容(出演者の発言を含む)に気づかれた場合、ご自分の血液型に関して不快な思いをされた場合、その内容をできる限り具体的にお知らせください。」となっております(但し、血液型差別や偏見の被害についての一般情報も受け付けています)。

ということで、血液型性格判断そのものに対する批判とはちょっと違うみたい。

でも、このネタって、メディアリテラシーの教材としては格好の題材なんじゃなかろうか。

藤川さん
あたりはどんな風に見ているのかな。