ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

劇団綺畸「パパ・アイ・ラブ・ユー」

cover

劇団綺畸に所属しているN岡さんが来て、公演のチラシとチケットを置いていってくれた。

今回、N岡さんの代で出演するのは彼女だけとか。もう、そういう年齢なのね。

今回見逃すと、もう見られないかもしれないから、何とか時間を作っていかなくては。
17日から20日だから、行けるとするとクリスマス礼拝の18日かなあ。

ルールルーデンスが駒場小空間に来たことなど、話題になった。

あそこは営利目的の団体には貸さないのだそうな。学生でもいろいろと条件が厳しいみたい。

いい場所だからねえ。