ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

10回大会中学は24校に!

「トライアングル」が到着。今回は新ルールの説明など、非常に分厚い。

第10回の記念大会となる今年のディベート甲子園では、中学の部の出場校が8校増えて24になった。関東甲信越でいえば、出場枠が3から5へ。これはかなり張り切っちゃう枠の拡大ですね。しかも、中学校のフォーマットが短縮され、

立論 4分

質疑 2分

反駁 3分

という関東甲信越の秋季大会と同じ時間配分になった。

さらにさらに、出場選手の条件を緩和し、選手が4名揃わなくても、やむを得ない場合には2名、3名での出場も認めることに。

詳しくは連盟のサイトに掲載されると思うので、そちらを参照していただきたい。