ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

オフの日

 6時に起床。長男とデボーション。やっと普段の日常が戻ってきた。子ども達が学校で行ってから、もう一度床に逆戻り。12時半までぐっすり寝る。

 午後、修学旅行の日記に写真を載せたり、ちょっと文章に手を加えたりする。

 頭のくらくら感はやっと収まってきた感じ。このくらくらのおかげで昨日の常任理事会に出席できなかった。議事録を見ると、高校の付文が追加されるという。

 例外をもうけていいかとか、そういう議論が出てきたようだ。修学旅行で全然動けていないので、浦島太朗状態だな。

 21日の論題研究会のことでメールを1本出す。毎年講師に悩む。特に中学の部の講師はむずかしい。藤川さんが動いて下さることになっている。

 夕方、修学旅行のお土産を教会へ置きに行く。その後、古本屋に「本の本」を探しに行く。しかし、ない。

 普通の本屋も2軒回るが、講談社学術文庫自体がない。

 その代わり、

脳をパワーアップしたい大人のための脳のなんでも小事典―脳を知り、鍛え、育むためのビジュアルガイド

を発見。脳について知りたい、とマンダラートに書き出していたのだが、この本が目に飛び込んできた。迷わず購入。

 まだ、パラパラっとしか見ていないが、面白そうだ。