読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

中沢の代表復帰を喜ぶ。

昨日のヘタレな「辛口」コラムに比べ、武藤さんの言葉のなんと前向きで建設的なことか。
売文家が肩書きだけで食っていけるような時代は終わりにした方が良いね。

 ともあれ、今回の中澤の招集は、現在の代表チームにとんでもない緊張感を提供する事になる。現在の代表チームのセンタバック、ボランチのレギュラ格の選手は、闘莉王、坪井、阿部、今野、啓太、皆代表でもJでもよいプレイを見せており、やや固定化された感もあった。しかし、中澤がチームに加わった今、彼らのいずれもが、ポジション確定とは言い難い雰囲気になってしまった。闘莉王は高さ、強さ、強引な攻撃参加など多数長所があるが、中澤は高さ強さについては遜色なし、闘莉王ほど下品な攻撃参加はないがセットプレイでの得点力は抜群だし、何より豊富な経験を誇る。もちろん、この2人は並んでもプレイできるだろうが、阿部の展開力と射程の長さ、今野の広範な運動量と攻め上がり、坪井の俊足を活かした粘り強い守備を考えた時に、闘莉王とてポジションが安泰では無い事は間違いない。さらに、守備ラインから阿部なり今野がはみ出た場合、当然彼らを中盤に起用する発想が出てくるから、啓太とてポジション確実ではなくなってしまっている。さらには、阿部や今野はサイドプレイヤとしての起用も考えられようから(阿部はないかな?)、加地や駒野はの刺激まで準備されている。
 もちろん、欧州では中田と稲本が虎視眈々と復帰を狙っているのだし。一方、今回は召集対象外となった五輪組(でも何故林だけは選ばれたのだろうか)の水本と青山にしてみても、A代表のレギュラを獲得するまでに、己がいかに能力を高めなければならないかが、「中澤の選考」1つで一層明確になったはずだ。