ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

ジーコ更迭で問題は解決するのか。

シンガポール戦、確かにストレスのたまる試合だった。

あれだけの決定機がありながら、一時は同点にされてしまった。

藤田、鈴木、玉田、の投入でなんとか乗りきったが、ジーコの采配にまたしても疑問の声を上げる連中が出てきたようだ。

が、本当にそうか。

ジーコが変われば、すべては変わるのか。

そんなことはないと僕は思う。

問題は、決めきれない選手にあるのではないか。

国内組を使っていれば、難なく勝てた、という。

しかし、本当にそうなのか。

みんな忘れちゃいないか。

フランスワールドカップの時、メンバーの中には海外でプレーしている人間は皆無だった。

守ることはできるが、点は取れない。それが日本の課題だとだれもが痛いほど認識したはずだった。

その後、日本人プレーヤーが次々海外へと飛び出していった。
中田がいれば、何とかしてくれる、そんな期待感が芽生え始めた。

しかし、日韓ワールドカップ。日本の課題は克服できたか。

トルコに厚く守られてしまったとき、誰もそのゴールをこじ開けることはできなかった。結局、中田一人ではどうしようもないことがはっきりした。

結局、日本はフランスワールドカップからの課題を克服することができなかった。

しかし、ワールドカップでの活躍から、さらに海外へと進出する選手が出てきた。

今、やっと日本は、「世界」を肌に感じながら戦う選手を複数手に入れることができた。

しかし、その選手が集まって、あの試合である。

コンディション不足だ?暑さ対策ができていなかった?

だからなんなんだ。

日本の課題は、スマートにボールをつないで観衆を喜ばせることじゃない。

泥臭くてもなんでも、ゴールをこじ開けることじゃないか。
その千頭に立つのが、課外へ出ていった選手達だ。

彼らを使わないで、国内組だけでやれって?
国内組で戦って、予選を突破したら海外組を使えって?

ふざけるんじゃないよ。

やつらを使わないで、どうするのさ。

今まで日本国内じゃできなかったことをできるようになるために、彼らは出ていったんじゃないか。

それだけのスキルとプライドを身につけて帰ってこなけりゃ、海外に行った意味がない。

もし、現在の彼らがそれに見合うプレーを見せていないなら、それはジーコに責任を問うべきではなく、彼らを糾弾すべきではないか。

ジーコによって、最大限の自由を許されている彼らこそ、責任を追うべき存在ではないか。

いざとなったら国内組もいる。実際そうしてジーコは結果を見せている。

ここで危機感を持って次の試合に臨めないようなら、海外組こそ、海外移籍なんか辞めて、日本に戻ってきて一からやり直したほうがいい。