ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

やっちまった…

期末テスト最終日。いよいよ現代文のテストである。

昨日、8時過ぎまでかかって、折り込んだテストを、満を持して実施。

なんたって、今回は、模擬テストの表紙をそっくりまねて、解答用紙まで中に織り込んでの労作ですから。配った時に「え、模試?」とびっくりする生徒の反応を楽しんでいる僕でした。

ところが、満を持したはずが、一カ所、間違っていたのを見落としていたのでした。

試験が始まってすぐ、

「先生、これでいいんですか?」

一番前の生徒がおずおずと質問をしてくる。

最後の4時間に読んだ4つの小説の中から、漢字の書き取りを10題出題したところ。

昨日解答して確認した時には、特に問題はなかったが…。

そう、確かに、1番から10番までの枝問は問題がなかった。問題だったのは、問いの部分だった。

なんで見落としたんだろう。

問題を解くことに意識を集中していたせいか。

それとも、老眼にでもなってしまったのか。

いつもは読みの問題も出していたので、無意識にやってしまったのか。

そう、設問には、こう書いてあった。








次のカタカナをひらがなに直しなさい。


カタカナをひらがなに変換して、何を見ようというのよ>自分。

訂正を発表した時には、試験中にも関わらず、大爆笑を起こしてしまった。

「せんせ、せんせ、半分残そうよ、半分だけ!」

いや、あのね。

「じゃあ、三つだけ残そう!」

いや、だから。

「いいじゃん、せっかく作ったんだから。」

ですからね。

ということで、大間抜けな僕でした。